Blog · 日常

むだい

ふと聞いたラジオ、ゲストに銀色夏生さん?!

わぁ、懐かしい。記憶がタイムスリップした。

10代の頃、大好きだった詩人の方。

繊細で文学的な人を勝手に想像していたのだが、ずいぶん風変わりでトンがった人だった。

銀色さんとの再会?がまた衝撃的で、良い意味でイメージが変わった。

そう、トンがった部分は時に邪魔になるけど、丸くしたら何かを失う時なんだ、と思った。

***

生きるということは

自分らしく生きるということは

人の期待に応えるのではなく

自分の思いに忠実に生きること

自分らしく生きることは

人のために生きることとは違う

時には人を泣かすこともある

さあ でもそこで

深く問われる

何のために生きるのか

どっちをとるのか

泣かされた人はまた

何のために生きてきたのか

人がその人の道を行くことは

思った以上に

他の人を遠ざける

銀色夏生

***

 

昨日はとても胸が熱くなって、思わずFacebookに投稿したら、結構ファンの人多くてちょっと嬉しかったな。

そして今日のカルチャーレッスンでは、投稿を見た生徒さんが、

私、先生に黙ってようと思ってたんですが、銀色夏生さんの事を書いていたから、、

と実は小説を書いて、出版社の企画に応募した事を打ち明けてくれた。

医療人だった彼女がずっと見てきた人の体、ベリーダンスをはじめて美として感じた体、その対比も描写したかったと聞いて、また胸が熱くなった。

実は私も昔、医療の研究に携わりたかったので、生命を科学として扱っていた。

その道は断念したのだが、踊る事を通して自分は、今度は生命をアートとして表現しているのだ、と思った事があった。

まだそれが自分の中でどんな風につながっているのか、うまく説明できないし、科学とアートの融合といえるほどの何かが出来たわけではないのだが、私の中の熱量になっている事は間違いない。

こんなに熱い気持ちになれて、銀色夏生さんや生徒さんにインスパイアされて、心がこういう状態で踊れるのは最高に気持ちがいい。

ラッキーな事に明後日はカフェボヘミアショー。

熱量高い踊りができそうです。

ハート熱くいきましょ!

というわけで告知です。

4/19木 Cafe Bohemia SAO&Eman Show

Show 20:00〜 / 21:30〜

入れ替えなし、内容は別です。

Minimam Charge

¥2,000以上のご飲食オーダーをお願いいたします。

ご予約

03-6861-9170

ショー観覧の方は、当日15時までにご予約をお願いいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です