ショー&イベント

TAKAHATAワールドアートフェス後記

日野市高幡不動にて、赤レンガプロジェクト高幡ワールドアートフェスティバルが開催されました。

今回SAOはRomanequoメンバーとして、アラブ〜トルコ〜ギリシャ〜イラクの生演奏とベリーダンスのステージで参加しました。

 

このプロジェクトは初めての開催で、準備に2年費やしてこられたそうです。

多摩地区でワールドミュージックの大きなイベントをやるって、本当に大変なことなのだそうです・・

そういえばブッキングの話が2年前に来て、スケジュール帳に書けないね~と皆で話していたのが、、

えーー、それからあれからもう2年経つの??

でも結局リハしたのは2週間前という・・あれ?

まぁメンバーそれぞれ忙しいのでそうなるんです、結局。

 

そしてこの日一番の濃いキャラは照明さん、御年70は過ぎていると思われるチャキチャキの江戸っ子さん。

セットの関係で思ったより前に踊ることになり、ここは照明当たるのかしら?とつぶやくと、

俺は照明のプロだよ!当たらないところに立たせるわけがないじゃないか!と一蹴。

あ、はい・・(笑)

そしてステージになぜか1本の長い青竹が・・

ん?これはバリ舞踊の演出で使うのかしら?と一瞬考えていたら、なんとその青竹でステージ上の照明を操作しているではないですか。

もしかして青竹持参で来たのかな?それはそれはものすごい職人魂に触れたのでした(笑)

 

さて本番は出演時間以外は演奏が観れてとてもラッキーでした。

インドネシアのガムランとバリ舞踊、瓢箪笛、日本ポップス、ケルト音楽などどの演目も素晴らしく、感動しました。

主催の福田さんはスピーカー制作のプロの方だそうで、素晴らしいサウンドでした。

私たちロマネコもご好評いただけたようで何よりでした。

さすがの照明!!

今回のセットは、

1.Misilrou  モロカントレイ

ギリシャのレベティコ

2.Nihavent Oriental

トルコの音楽

3.Arabia

アラブの現代曲

4. Fogh_in_nakhal

イラクの民謡

5. Rompi Rompi

トルコ(ギリシャ)の民謡

Romanequo

Violin 関島種彦 Per.久田祐三

Bellydance  Samaher Lui , SAO

 

どの曲も生演奏は素晴らしくて、ふっと違う世界へと連れて行ってくれました。

貴重な機会をありがとうございました。

またロマネコで活動する機会があるといいな~~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です