からだのこと

ベリーダンス上達への道①骨盤は前傾?後傾?

ベリーダンスの基本的な動きは、力を抜いてリラックスした状態で行うことが多いです。

ある程度練習しているにも関わらず、ベリーダンスの基本的な動き、シミー(シュミ),マイヤー,フィギュアエイト,アンジュレーションなどが苦手に感じる方は、元々の姿勢を見直してみると良いかもしれません。

まず最初に壁に立って、骨盤の状態を見ます。

 

<骨盤前傾の場合>

腰の筋肉が収縮して、股関節を屈曲している筋肉に力が入りやすい。

そのため、前屈のストレッチが柔らかい人が多い。

逆に硬い筋肉は、

・大腿直筋

・腸腰筋

・脊柱起立筋(腰部)

また骨盤が前傾することにより、股関節が外側に開き下記の筋肉も硬い場合がある。

・中臀筋

・梨状筋

・大腿筋膜張筋

また前傾のバランスを取るため、猫背になるタイプもある。

<骨盤後傾の場合>

前屈が苦手な人が多い。

猫背になりやすく姿勢が悪く見えやすい。

硬い筋肉は、

・ハムストリング

・大臀筋

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です