ショーを作るまでの道のり

ベリーダンサーはダンスを披露するだけではなく、一つのショーを作るというミッションがありまして、

表現者でありエンターテイナーでもあり、主催したり事務や裏方も全て自分達で行っています。

(なにぶんニッチなジャンルですから、そう利益も上がるものでもないのです・・)

もっともっと大きなステージになるとまた違いますが。

今は、お金を払って素敵な場所で踊るのが主流?なのかもしれないのですが、

こういう人の情熱と思いで作られていくショーというものが、やっぱり人の心を動かすのではないかなあと思うのです。


今の時代に逆行するかのような、手間はかかる、お金も時間もかかる、時には揉めることもあるし、計画が頓挫することも。。

けれどここに人生かけてやってきているんですよね。。


というわけで、今回のLove Turkiyeのショーの裏側を少しお見せします〜


ビンテージターキッシュがコンセプトということで、昔トルコで一世を風靡したベリーダンスユニットmezdekeのリバイバル!?

10年くらい前にベリーダンスを習っていた人なら、曲は聞いたことあるかも。

mezdekeのダンスは上手いのだけど、でも今の人から見るとププって笑っちゃうような振りなんですよね。

このかっこよく踊りを見せつつ、どうしたらクスクスっとなるか、もうねChisakoさん&Ikuyoさんというプロ中のプロの視点が素晴らしすぎて、色ものとはいえ決して手を抜かない、できるところまでとことんやる、常にお客様目線、、

どうしてずっとステージに立ち続けられるのか身をもって感じましたよ。

衣装や小物もテイストに合うものを工夫して作ります。

SNSのおかげで、やりとりがずいぶんスムーズになりました。

昔は会って永遠とミーティングしたり、遠方のダンサーさんだと泊りがけでダンス作ったりしていたので、その辺りは現代社会の恩恵を受けております。


メインはビンテージターキッシュ、ということで夜な夜な作品を見て研究しています。

Semaの昔の映像!そしてOzgen先生が昔のトルコのダンサーたちの映像をたくさんアップしてくれているんですよね。

衣装は最小限の布量ですが、、踊りはエレガント✨✨

そこは私が目指すベリーダンススタイルでもあるところです。

こんなフルHDとか4Kとかいう時代にですね、目がチラチラする映像をひたすら見てるんですよ。

すごい滑稽だなと、自分でも思います。

そして、、自分が生まれたあたりは、もうビンテージと呼ばれる年代なんだということにも気がつきました😂



前回、みんなの心を虜にしたコブラムラムラさん、気になりますよね。

新しい恋のストーリーが気になるところです。

自分がまだイケてると思い込み他の男と争い、美女を落とそうとするのですが、、

このおじさん加減を作るのに、相当作り込んでいるKaoruさん。

出会った頃は、こんなエンターテイナーの才を発揮する人だとは思いもしませんでした。。

ベリーダンサーっていろんな人がいて、本当に面白いんです😂

10/7Love Turkiyeチケット絶賛発売中です!

どうぞお楽しみに✨✨

http://www.saobelly.com/blog/belly-dance-show/10-7金love-turkiye-vol-4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。