日常

祈り

ある方が、踊りは祈りであると教えてくれた。

でも最初は正直ピンとこなかった。

たぶん、もっとこう見せたいとか、うまく踊りたいとか、上手になりたいとか、そういう気持ちが強かったからだと思う。

でもその気持ちはやがて、私は何のために踊っているのだろう、という壁にぶつかった。

誰かの役に立ってる?自分がやりたいから?何をしたいの?

自問自答を繰り返し、よくわからない時期があった。

しばらくしてふと、その場にいる人に幸せになって欲しいのよね、というようやく原点に気がついて。

一緒に過ごせる時間、踊れる事への感謝、そして見ている方やまわりの方たちが幸せな気持ちになれたらいいなぁという気持ちこそ祈りで、それが表現だと気づいたら、あらゆるものと調和していくのを感じた。

そして踊ることだけではなくて、誰かに声をかける瞬間にも、今日は元気かな?と相手を思う気持ちだという事、全ては表現で祈りだと気づく。

昔は人見知りしていた私も、実はあらゆるものと調和したくて、一瞬でも心かわし幸せな時間をといつしか変わってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です